• システム開発の進捗チェック

    システム開発は大規模でも小規模でも必ず進捗チェックが行なわれます。進捗は主にそれぞれの区分でのゴールと、最終的な成果物までのゴールとに分けられます。

    幅広い分野の交通費精算の為になる情報です。

    区分ごとの進捗チェックの場合、平行して複数の区分が走っていることも多く、進捗が分かりづらいことも多いようです。


    平行してシステム開発が行なわれている場合、区分での進捗は平均をとったり、完成すべきところまで進んでいたら一定のポイントを追加する方式をとっていたりと様々です。システム開発において特にモジュール作成については平行作業となることが多く、確認がしづらいことも多いです。



    また、スパイラルモデルを利用している場合、モジュールごとの進捗は分かりやすいですが、全体の進捗は出しづらいものとなります。

    そのため、コーディングを含む進捗を計算する際には完成させるべきモジュールの数だけで単純に進捗を出すことが多いようです。



    ただし、進捗が悪い場合に人員追加をする際にはモジュールごとの難易度に応じて配置できるようにプログラム設計した際には人員の目安を計算しておくことも重要であると考えられています。