• 評価を活かすシステム開発

    • システム開発は最初の打ち合わせから発注書、仕様書ができたらあとはお任せするしか無いと考えがちです。

      しかし、システム開発の手法を考えれば仕様書ができてからでもシステム開発の進捗を利用者がチェックしたり、途中でシステムの機能チェックをすることも可能です。このような仕組みはプロトタイプ型の開発手法を使えます。プロトタイプ型では仕様書をすべて完成させず、作成する機能については利用者からの要望を仕様にまとめるだけではなく、実際にプロトタイプとして作成して評価を得て更新、もしくは完成とする手法です。

      交通費精算に関してはこちらのサイトをご覧ください。

      機能面で大体のことを決めてコーディングしますので利用者のイメージと違った場合は修正が用意である点が魅力です。



      また、機能面で了解が得られることでウォーターフォール型である手戻りの恐れがありません。
      利用者サイドの評価を活かしてシステム開発すれば完成した際にも満足度が高い製品となります。



      しかし、プロトタイプの完成度に注目していしまうと一向に次の機能に移行できないことから納期が延びてしまったり、費用がかさむ恐れが高まります。

      プロトタイプ型を利用する場合にはプロジェクトリーダーがしっかりと工期を管理すること、また、営業サイドでもどこまでできるのか費用対効果を抑えた話し合いが重要となります。

  • 交通費精算のためになる情報

    • システム開発の進捗チェック

      システム開発は大規模でも小規模でも必ず進捗チェックが行なわれます。進捗は主にそれぞれの区分でのゴールと、最終的な成果物までのゴールとに分けられます。...

  • 交通費精算の特徴

  • 交通費精算の最新考察・交通費精算の意外な事実

    • システムで有効なテンプレートエンジン

      システム開発において動的な画面変更は悩みのタネでした。これまでの動的変化はすべてプログラムで作られており、自社開発のエンジンとして開発してその後パッケージとして販売したという企業もあるほどです。...

    • Postgresqlを使うシステム

      Postgresqlはオープンソースプロジェクトとして長らく開発が継続しているデータベースです。Mysqlとライバル関係にあると言われることもありますが、Mysqlとは利用される場所が異なることが多く、実際には競合というほどの関係ではありません。...